小まめな歯磨きで虫歯予防をしています

虫歯予防に大切なのは、虫歯菌を喜ばせないことです。
虫歯菌というのは、歯茎の根元あたりにいて、
エサ(食べ物のカスなど)があれば、どんどん繁殖し
大事な歯を溶かしていくのだそうです。
食後すぐのうがいもある程度の効果があるそうですが
やはり、歯ブラシで「エサ」を取り除くのが一番効果的と歯医者さんに伺いました。
といっても、歯磨きペーストはごくごく少量でよく
小さな動きで1本づつ、歯を磨くと綺麗にできるのだそうです。
私は、毎食後、うがいの後に歯ブラシをもち、歯茎と歯の境目を
マッサージをするような気持ちで磨いていきます。
その後、洗口液でうがいし、時間があればフッ素も塗っています。
このフッ素はかかりつけの歯医者さんで購入したもので
ミント味のほかに、レモンティー味などもあるんです。
いつまでも自分の歯で美味しく食事をするために
これからも、虫歯予防に励みたいと思っています。

口臭のことなら
口臭は簡単に治せます!口臭完全治療ナビ

歯磨き粉で楽しく歯磨き

虫歯予防のためにも、歯磨きグッズについてはいろいろ工夫する余地がありそうです。
お気に入りのグッズで、それを使うのもたのしければ、
必然的に、歯を磨く回数や時間も長くなりそうで、
その分、虫歯にもなりにくいはずですよね。
昔、いろいろなフレーバーを楽しめる歯磨き粉がはやりましたよね。
カレー風味とか、ケーキ風味とか、それはもうさまざまな、
むしろ歯磨き粉とミスマッチなフレイバーがさまざまありました。
こういう歯磨き粉を利用するのも、歯磨きタイムを楽しく過ごすコツかもしれませんね。
そういえば、子供用の歯磨き粉ってありますよね。
子供の頃は、憧れでした。私は買ってもらえない家庭の子でしたが、
たまに子供ハミガキを使っている子がいたりするとうらやましかったな。

アルコールによる口臭をしっかりと感じる時

アルコールによる口臭というものですが、実際になかなか感じない方が多いです。
酔っているという理由もあるかと思うのですが、
実はまわりには非常に感じさせるアルコールの口臭が本人にはあまり感じないという現象があるということは、
しっかりと知っておいていただきたいものになります。
アルコールを飲んでも自分は口臭はしないと勘違いしてしまう方もいるわけです。
実際には、誰しも感じたことがあると思うのですが、
電車などでアルコールのにおいをぷんぷんさせている方もいるでしょう。
まさにそういった状況になってしまっている方も多いわけです。
自分だけはアルコールを飲んでも匂いはしないといったような感覚には陥らないようにしてください。
しっかりと対処をしなければいけないと認識すべきです。